○○クリニック


「痔」でお困りの方


「リウマチ」で
お困りの方


大井医院の指定介護療養施設サービスについて

大井医院の往診・訪問看護サービスについて



2005年度よりお支払いにクレジットカードもご利用いただるようになりました。




ご意見ご要望はこちらまで

抗TNFα抗体療法

抗TNFα抗体療法

 「レミケード」は米国で開発された薬剤で、症状を和らげると共に、関節破壊をくい止める効果に優れることから、海外では高い評価を得ており、既に世界80ヶ国で発売され、約50万人の患者様に使用されています(2003年8月現在)。

 また、副作用についても、多くの患者様のデータから、注意すべき点や対処法が明らかにされています。
 日本でも2002年にクローン病(消化器の難病)の治療薬として認可され、その翌年、関節リウマチに対しても利用が認められました。

 関節リウマチの関節では、TNFαという物質が大量に作られます。この物質は元々人体にはある物質ですが、関節リウマチでは異常に増加します。
 これが多くなると、関節に腫れや痛みを起こし、関節が変形し、動かなくなります。

 したがって、抗TNFα抗体(レミケード)は、TNFαにくっついて、TNFαを作っている細胞そのものを破壊し、その働きを抑えます。そして関節破壊の進行を食い止めます。
 そのため、関節の痛みや腫れをやわらげ、関節破壊の進行を食い止め、歩行や手先を使う作業での障害を軽減する効果があります。



 従来のリウマチの治療で十分な効果が得られなかった場合に、抗TNFα抗体(レミケード)が有効な治療薬です。



 治療方法は抗リウマチ剤(メトトレキサート)の内服薬と併用して、抗TNFα抗体(レミケード)の点滴投与を行います。

 点滴投与スケジュールは、最初の点滴をしてから、2週間後、6週間後に投与し、それ以後は8週間ごとに行います。




 抗TNFα抗体療法受けることができる施設は、以下の厳しい基準をクリアした施設です。

 1. 胸部X線写真撮影が即日可能であり、呼吸器専門医、放射線専門医による読影所見が得られる(連携を含む)。

 2. 日和見感染症を治療できる十分な臨床経験を有する(連携を含む)。

 3. 投与時の重篤な副作用(血圧低下など)に対する緊急処置をただちに実施できる。

 (2006年5月現在酒田市で抗TNFα抗体療法受けることができる施設は3院のみです